• 自然葬は専門の葬儀会社を活用して臨んだ方が良い

    大切な人が亡くなった時、遺された者の役割として故人の意にできるだけ沿うような形で弔ってあげることが求められます。



    日本では古来より先祖代々伝わる墓地に埋葬することが習わしとされてきましたが、最近では価値観や死生観、宗教観の多様化に伴って様々な埋葬方法を選択する人が増えてきています。その中でも顕著なのが自然葬です。



    この自然葬とは人間は自然より生まれて自然へと帰っていくという考えから生まれたもので、あらかじめ決められた墓地に埋葬するのではなく、遺骨を粉砕するなどして遺灰状にした上で、故人が望む大自然に撒くことで弔いの儀式に代えるわけです。
    このように自然に帰すことによって墓地などを訪れなくても、いつでもどこでも故人の魂のそばにあるという考え方もできるでしょう。


    これは昔に比べて引っ越しや移動の多い現代人がそれに対応した埋葬方法を模索する上でも極めて有効な手段と言えるものとして人気を博しています。

    とはいえ、自然葬において重要となるのがその埋葬場所です。身の回りに自然が広がっているとはいえ、許可を得ていない私有地に散骨するのはもってのほかですし、付近住民に迷惑のかかるような場所に散骨するのも故人に意に反していると言えるでしょう。
    これらのジレンマを払拭する上でも自然葬に熟知した葬儀会社を活用して候補地をピックアップしてもらうのが最適の方法です。

    これらの葬儀会社は場所以外にも自然葬に関するその他の注意点や儀式の手順などに関しても様々な情報を保有していますので、のちにトラブルに巻き込まれないためにもこれらを活用してスムースに式次第を執り行うのが良いでしょう。

    明日に役立つYOMIURI ONLINEが気になる方に必見の情報です。