• 自然回帰イメージのある樹木葬の人気が高まっています

    樹木葬とは、一般的な石の墓標を使う代わりに、樹木を墓標代わりとして、その下に遺骨を埋葬する方法です。
    石の墓標は建立されなくても、遺骨を埋葬するのですから、墓地・霊園である事は当然必要で、勝手に許可されていない木の下に埋葬する訳ではありません。

    魅力的な産経デジタルの情報を得られます。

    この樹木葬の墓地には、郊外に新規に開発された専用墓地と、一般の墓石のある墓地・霊園の一画に設けられている場合がありまが、やはり多くは郊外型の墓地・霊園が中心です。

    また、墓石の代わりに樹木が植えられていますが、その樹木の側に故人の名前が刻まれたプレートなどが立てられるのが一般的です。



    最近は、少子化の中で従来のお墓を建立しても、無縁化する可能性が高い事から永代供養を選択する人が増えていますが、一般的には樹木葬も永代供養であり、これが人気を高めている要因の1つです。また花や樹木の自然の豊かな下に埋葬される事は、自然に戻ると言うイメージが強く、これも人気が高まっている要因です。



    郊外の専用墓地は、里山を切り開いた様な場所に造成されることが多く、荒れた里山を切り開き、そこに樹木を植え、埋葬する事により、里山の保全にも貢献していると言われています。樹木葬に用いられる樹木は、背丈が余り大きくならず、花の咲く樹木が好まれ、桜、ハナミズキ、サルスベリ、ウメモドキ、エゾアジサイ、モミジ、バラ等の中で、その土地に適した樹木が選定されるのが一般的です。また最近は終活として、自分の眠る永代供墓を生前に予約される事が増えており、樹木葬においても自分の好きな樹木を生前に植樹し、そこに埋葬してもらう事が可能な所も増えています。