• お墓の維持管理が不要な樹木葬とは

    近年、お墓の維持管理が重大な問題になっています。
    少子化や過疎化の進行により、先祖代々のお墓の維持、管理ができなくなりつつあるのです。跡を継ぐ後継者がいなければ、お墓は荒れ果ててしまうばかりです。そこで最近は子々孫々までお墓のことで頭を悩ませることのないように、永代供養を選択する人も増えています。

    最近人気を集めている永代供養の一つに樹木葬があります。

    エキサイトニュースといえばこちらです。

    これは従来のお墓のように墓石を用いるのはなく、樹木を墓標としたお墓のことです。

    墓石のように維持管理を必要としないうえ、遺骨は樹木の下に埋葬されますので、死んだあとは自然にかえりたいというニーズも満たしてくれます。近頃は散骨も注目を集めていますが、実際問題として狭い日本では遺骨を撒く場所が限られており、自然葬が浸透しにくい状況にあります。樹木葬は現実的な自然葬の形としても注目度が高いのです。
    また樹木葬は遺族の視点から見ても魅力があります。故人が散骨を望む場合でも、遺族としては反対したい場合もあるでしょう。



    樹木葬なら遺族がいつでも故人に会いに行けますし、自然にかえりたいという故人の願いも叶えることができます。


    双方にメリットをもたらすのがこの埋葬方法の魅力なのです。

    樹木葬は全国的に注目を集めていますので、近くの寺院や霊園などでも提供している可能性があります。



    気になる人はインターネットなどで検索してみるといいでしょう。

    宗派を問わないところも多いので、その点についても心配する必要はありません。