• 日本の自然葬の現状と土葬を望む宗教

    • 世界では、発展途上国のみならず先進国でも宗教や民族に慣わしに従って自然葬が行われており、衛生面や自然葬の為の土地問題を除けば火葬よりも土葬を望む人々の方が多くいます。



      特に20億人以上の信者を抱えるキリスト教や16億人の信者を抱えるイスラム教は、終末論や復活が教義に含まれている為に土葬にこだわる信者が多く、日本国内でもイスラム教に傾倒する寺院もあり、北海道や長野県の一部の地域住民と大きな問題となっています。

      埋葬方法に関しては、日本国内でも政府の社会政策の度重なる失策による長期の経済不安や経済不安に起因する少子化及び核家族化、女性の社会進出による晩婚化及び高齢出産の増加、都市部への人口集中等の社会問題により、お墓に対する宗教観や死生観、経済観念が大きく変化してしまった為に墓の継続所有やお墓自体の購入を諦め、子供世帯や孫世帯への負担を軽減する事が出来る自然葬が年々増加しています。

      産経デジタルが気になる方はこちらへご来訪下さい。

      しかし、日本国内の火葬率は98%前後と非常に高く、自然葬に対する固定観念や既成観念が大多数の人間の中で大きくは変化しておらず、その為に樹木葬用墓地の用地確保が難しく、日本全国で開催される墓地募集では毎回の様に抽選が行なわれているのが現状です。



      又、自然葬は故人の希望により遺体を葬りますが、葬送後も親族内で意見が分かれ騒動の元となる事が多いので、故人は前もって自分の希望を親族に示し親族を納得させておく必要があります。

  • 納得の知識

    • 世界の自然葬と日本国内の現状

      日本国内における自然葬は、植樹による樹木葬や散骨による海洋葬、土葬などが行われていますが、昭和40年代の琉球地方では風葬からの洗骨や古くは鳥葬なども行われていた記録が残されています。平安時代の自然葬は、京都でも一二を争う観光地である清水寺や嵐山の化野念仏寺で行われており、清水寺には金太郎の主人にして阿弖流為を討伐した坂上田村麻呂が自分の邸宅を移設し、嵐山の化野念仏寺には弘法大使が五智山如来寺を開創し風葬や鳥葬にする為に打ち捨てられている遺体を弔ったとされています。...

  • 知りたい情報

    • 自然葬は専門の葬儀会社を活用して臨んだ方が良い

      大切な人が亡くなった時、遺された者の役割として故人の意にできるだけ沿うような形で弔ってあげることが求められます。日本では古来より先祖代々伝わる墓地に埋葬することが習わしとされてきましたが、最近では価値観や死生観、宗教観の多様化に伴って様々な埋葬方法を選択する人が増えてきています。...

  • 注目情報・わかりやすい情報